双極性障害自身のこと・経験

安定のために継続していること

双極性障害
スポンサーリンク

はじめに

私は双極性障害Ⅱ型をもつ30代のサラリーマンです。過去には休職・退職経験もありますが、現在は約7年間仕事を継続できています。今回は意識して継続していることについて紹介します。

継続していることは

今の会社で仕事をしだして、継続していること、それは…

運動(テニス)です。

適度な運動は精神に良い?

適度な運動は精神にどんな影響を与えてくれるでしょうか。

  1. 悩みや不安をやわらげる効果がる
    ⇒適度な運動を行うとセロトニンという幸せホルモンが分泌され、悩みや不安をやわらげてくれます。
  2. 質のいい睡眠がとれる
    ⇒運動を行い体が疲れると、きちんとした睡眠がとりやすくなります。
  3. 体重が落とせる
    ⇒服薬や運動不足から体重増加する人は多いのではないかと思います。私も一時15キロほど太りました。運動と食事制限を行い1年ぐらいかけて10キロほど落とすことができました。最近は食事制限やめてしまって5キロほど戻ってしまいましたが。。。

などなど、運動はストレス発散につながり、いい効果がたくさんありそうです。

適度な運動の種類

では行う運動の種類についてはどうでしょうか。

ウォーキングやジョギング、エアロビクス、サイクリング、水泳などの有酸素運動が良いとされています。

特に療養中であれば、最初は負荷をできるだけすくなくしてストレッチや朝少し散歩するところから始めるのがいいかもしれません。

気分が落ちているときは運動どころか何もできないものだと思います。
ご自身の体調に合わせて少しずつ取り入れていかれるのがいいかと思います。

習慣性をもたせる工夫

ストレッチやウォーキングも、もちろん良いと思いますが、一人で行うと継続が難しい場合もあると思います。私は苦手であまり続けられなかったです。

そんな時は誰かと一緒に行うか、もしくは球技などのゲーム型運動(そもそも複数人で行う)を取り入れてみるといいと思います。

誰かと一緒に行うとなると、「参加しないと…」という負荷がかかってきます。ですがこの負荷があることも継続させるために役立っているのではないかと思います。

私自身は高校から硬式テニスを始め、大学では体育会の部活で行っていたこともあり、運動するならテニスをまたやりたいなと思っていました。

テニスサークルに参加してみた話

私の場合は継続して行うために、ネットで社会人テニスサークルを検索して地域のサークルに参加してみました。サークルだと公共施設を借りて行っているケースが多く、一回の料金も低くてオススメです。1回あたり数100円~1,000円ぐらいです。

最初は見知らぬグループに参加することになるので、とても勇気がいりましたが、自分の好きなスポーツだったこともあり、継続して参加ができました。

また体調によっては事前にキャンセルしたり、参加希望を出さないこともできたので気軽に所属できました。

1年程継続したとき、家族との時間の兼ね合いもあって、参加が難しくなったので現在はテニススクールに週1回通っています。

テニススクールに参加してみた話

スクールだと時間の融通がききやすい、技術面でのアドバイスをもらえる、試合などのイベントがある、全くの初心者でも参加しやすいなどのメリットがあります。コーチ対自分になるので、サークルよりも最初の参加のハードルは下がるように思います。

一方でデメリットは料金がサークルよりもかかることです。地域や各スクール毎によって違いますが、1回あたり2,000円~3,000円ぐらいです。

サークルやスクールに通うことのメリット

運動自体にもいい効果はありますが、サークルやスクールに通うことで色々な人と繋がりを持つことができます。
その繋がりが自分にとっていい影響を与えてくれたり、困ったときに現状打破するきっかけになるかもしれません。

私もサークルの繋がりで、サークルのホームページの更新作業をする機会があり、現在その件でやり取りをしています。ブログにも記載していたのですが、もともとWeb制作に興味があったので、教えてもらういい機会を頂いています。

最後に

テニスを続けることで、現在も双極特有の波の激しさはありますが、過去のように仕事にいけない、笑えなくなるほどの鬱の状態にはなっていません。

運動中は仕事の不安も忘れることができ、またスクールに通う週末が近づくと楽しみにしている自分がいます。

負荷の少ない運動から、慣れてきたらご自身の興味の沸く運動を体験してみるのもいいかもしれません。

私自身は今の仕事を継続できていることにテニスは大きく関わっていると思います。

今後も継続し、楽しみながら体調も整えていけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました