制度について双極性障害

双極性障害(精神疾患)持ちでも住宅ローンの団体信用生命保険は入れるのか?

制度について

はじめに

双極性障害の診断を受けているサラリーマンです。
前職の時の話ではありますが、2度の休職歴もあります。
数年前に住宅購入を検討したのですが、銀行の住宅ローンの事前審査には通ったものの、ローンを利用するために必要な団体信用生命保険(以下=団信)に入れずとても苦労しました
今回はその事について書いていきます。

双極性障害(精神疾患)持ちでも住宅ローンの団信は入れるのか?

結論からいうと、きちんと告知をし入ることができました。
ただし通常の団信は何社も審査してもらいましたが通ることはできませんでした。
もう住宅購入は無理なのかと諦めかけた時、不動産会社の担当者が色々調べて下さりました。
そこで提案を受けたのがワイド団信というものでした。

ワイド団信とは?

従来の団信よりも引受基準が緩和されたもの。
健康上の理由で一般団信に入れない方でも入れる可能性があがります。
ただし住宅ローン金利が年0.3%ほど上乗せのものが多いです。
保障の条件は一般団信と同じです。

告知内容

以下は告知内容の一例です。

双極性障害の方は定期的に通院し、毎日投薬治療をしているケースがほとんどかと思います。
下記(1)(2)あたりで対象となってくるのではないでしょうか。
その場合、【既往歴ありの場合】のところの項目記載が必要になります。

(1)最近3ヵ月以内に医師の治療(指示・指導を含む)・投薬を受けたことがありますか?

(2)過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含む)・投薬を受けたことがありますか?

  • 狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症、不整脈、その他心臓病
  • 脳卒中(脳出血・脳梗塞・くま膜下出血)、脳動脈硬化症、その他脳の病気
  • ぜんそく、慢性気管支炎
  • 精神病、うつ病、神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、薬物依存症、知的障害、認知症
  • 肺結核、肺気腫、気管支拡張症
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、すい臓炎、クローン病
  • 肝炎、肝硬変、肝機能障害
  • 腎炎、ネフローゼ、腎不全
  • 緑内障、網膜の病気、角膜の病気
  • ガン、肉腫、白血病、腫瘍、ポリープ
  • 糖尿病、リウマチ、膠原病、貧血症、紫斑病
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳腺症、卵巣のう腫

(3)手・足の欠損または機能に障害がありますか?または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか?

【既往歴ありの場合】

  • 病気やケガの名称・内容等
  • 治療・投薬期間
  • 入院の有無(ある場合は入院期間)
  • 手術の有無(ある場合は名称・部位)
  • 症状経過(完治の場合は終診時期)
  • 現在の症状・治療内容(投薬名・量等)

私の告知内容

私の告知した内容を簡単にご説明しておきます。

病名:双極性障害
治療・投薬期間:当時で約4年、仕事は正社員で3年経過したぐらいでした。
入院歴:なし
治療内容(投薬名:量):ここは詳しく当時飲んでいた薬を記載しました。
【いつ?どんな薬を?どれぐらいの量?飲んでいるのか】
※具体的には、○○(薬名)を何mg・何錠、夜服用(いつ服用しているか)等。
情報が多い方が審査側も判断しやすいのではないかと思います。

引受保険会社別金融機関 (2022年8月時点)

2022年8月時点でのワイド団信の引受保険会社ごとの主な金融機関を調べてみました。

引受保険会社 金融機関
クレディ・アグリコル生命保険株式会社 三菱UFJ銀行
りそな銀行
auじぶん銀行
ソニー銀行
SOMPOひまわり生命保険株式会社 みずほ銀行
イオン・アリアンツ生命保険株式会社 イオン銀行
SBI生命保険株式会社 住信SBIネット銀行

まとめ

審査は引受保険会社によって基準が違うので、一社で無理な場合は保険会社が違う金融機関を調べて再度チャレンジするのもありだと思います。
【※2022年6月追記※】
以前このサイトをみてご連絡をくださった方がいらっしゃいました。
その方も最初ワイド団信の審査NGでしたが、引受保険会社が別の金融機関で審査したところ、審査が通ったとのご連絡を頂きました。
ワイド団信は金利の上乗せというデメリットはありますが、治療中でもなんとか審査が通ったお話でした。
ネットの情報ではうつや双極性障害の場合ワイド団信でも難しいなどをよく見かけます。たしかに厳しいのかもしれませんが条件によっては通るケースもあることをお伝えしたかったです。
読んで頂いた方の参考になれば幸いです。

おすすめのマンガ・本について

マンガで双極性障害のことを読むならおすすめはこちら 
※ちなみに双極性障害の話は2巻です。

本で読むならおすすめはこちら
みんなの双極症 感想
みんなの双極症の本の特徴、読んでの感想を今回は書きました。鬱状態の時は本を読むのが難しくなりますが、こちらの本であれば、質問に対する回答形式ですので、気になったところを少しずつ読むことができます。最初から順番に読み進める必要もありません。
タイトルとURLをコピーしました