双極性障害自身のこと・経験趣味とか

半年で体重を10kg減らした話

双極性障害
スポンサーリンク

はじめに

私は双極性障害Ⅱ型をもつ30代のサラリーマンです。過去には休職・退職経験もありますが、現在は約7年間仕事を継続できています。今回は自身が行ったダイエットについて書いています。

私のこと(身長・体重)

身長:171cm
体重:58kg(学生時代)⇒62kg(社会人1~4年目)⇒68kg(体調崩し休職・服薬)⇒74kg(転職後数年間で)といった体重増加の一途をたどりました。

体重が70kgを超えてから、脂肪肝で健康診断に引っかかるようになり、再検査が必要となりました。体重を減らせば数値は通常に落とせるとのお医者さんの言葉から、ダイエットを決意しました。あと会う人会う人に「最近太った?」って言われ続けるのもさすがに嫌になったので、ちょっと頑張ろうと思いたった次第です。

最終的には半年間で74kg⇒63kgまで落とすことができ、再検査も必要なくなりました。

行ったダイエット方法

行ったダイエット方法はレコーディングダイエット(食べたものを記入する方法)です。

何かいいアプリはないかと探していて見つけたのが「あすけん」というアプリでした。

このアプリではメニューを選ぶことでカロリーを自動入力してくれます。有料オプションもありますが、無料でできます。私は無料の範囲でやっていました。

自身の現在の体重・目標体重・期限・運動と食事のバランスなど入力することで、1日の摂取してよい目標カロリーを教えてくれます。その目標に対して毎食のメニューを入力し、自分の摂取カロリーがどうなのか?を記録していきます。そして毎日同じ時間帯に体重計に乗って、記録する。これだけです。

目標カロリーと一緒、もしくは少し下回るぐらいでキープできると少しずつですが体重減少につながりました。

意識してやったこと

カロリーは少なく、でもお腹減った状態の我慢は辛いと思っていたので、できるだけ腹持ちがいいものを探してました。

お昼は仕事をしていたので外食が多かったのですが、コンビ二でひたすらサラダチキン(150kcal)とサラダを買って食べました。サラダチキンは量に対してカロリーが低く満腹感を得やすいのでオススメです。

あとは菓子パンなどはカロリーが高いので控えたり、朝食を抜くと他で取り返そうとしてしまいがちなので、食パン(150kcal)やシリアル(150kcal)などをきちんととる、白ご飯(280kcal)は1杯(180g)までで絶対お替わりしないというマイルールを作ってあとはひたすらに実践しました。飲み会(例えばビール中ジョッキ一杯/200kcal)があるとカロリーがすごい数字になる日もありましたが、その週は毎日ちょっとだけ抑えてみたりしていました。

週に1回だけテニスを70分ぐらいしてたのですが、これは消費・約600kcalなので、どちらかというと日々の食生活が体重減少につながったように思います。

最後に

服薬を開始して意欲増加にはなるものの、食欲もあがったり、運動量が減って体重増加する人は多いのではないかと思います。

最初はしんどいのですが、続けていると成果が見えてきてより頑張れますし、食事の量も減らしても体が徐々に慣れてくるように思います。

私はあすけんで63kgを達成したあと、開放感でアプリの記録をつけるのをやめました。結果その後の半年間で5kgリバウンドしています。いかに食生活が大切かを実感しました。

体調をみながら無理なく長期的に食事の管理をやっていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました