学習関連(PA4d・VBA等)

Power Automate for desktop(PA4d) インストール方法 学習記録2

学習関連(PA4d・VBA等)
スポンサーリンク

はじめに

双極性障害という精神疾患を持つ30代会社員のオカヘイと申します。

機械修理の現場対応で約8年仕事をしてきましたが、最近体調が悪化。現場対応から外れ内勤の事務作業を現在はメインでやっています。

Power Automate for desktop(PA4d)を使用した業務の自動化に興味を持ち、その学習記録を書いています。

今回はインストール方法についてまとめてみました。

Power Automate for desktop(PA4d) インストール方法

まずは以下のサイトを開き、【無料トライアルを始める】をクリックします。

デスクトップ向け Power Automate | Microsoft Power Automate
コーディング スキルを必要とせずに、デスクトップ自動化テクノロジの数百ものビルド済みアクションを利用して、デスクトップ上のプロセスやタスクをすべて自動化します。

クリックすると以下の画面が開きます。

次にInstall Power Automateの下にある 1.【Download the Power Automate installer】をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーを起動すると以下の画面が開きます。

【次へ】をクリック

一番下の【[インストール]を選択すると、Microsoftの使用条件に同意したことになります。】のチェックボックスにチェックを入れて、右下【インストール】をクリックします。

拡張機能について

次に拡張機能を有効化する画面が開きます。
ご自身の使用されるブラウザーを選択します。

Google Chromeの場合

右側【Chromeに追加】をクリック

【拡張機能を追加】で追加します。

Microsoft Edgeの場合

右側【インストール】をクリック

【拡張機能の追加】で追加します。

この拡張機能の追加を行うことで、Power Automate for desktopで各ブラウザーの操作を行うことが可能になります。

これでインストール作業は完了です。

起動・サインイン

では実際に立ち上げてみます。

【アプリを起動する】をクリックします。

Microsoftアカウントでのサインインを求められます。

Microsoftアカウントを持っていない場合は以下のOutlook(無料メールサービス)などで無料でアカウント作成が行えますのでこちらで準備をしておきましょう。

Outlook – free personal email and calendar from Microsoft
Get free Outlook email and calendar, plus Office Online apps like Word, Excel and PowerPoint. Sign in to access your Outlook, Hotmail or Live email account.

準備ができましたら、登録したメールアドレスを入力し【サインイン】をクリックします。

次にパスワードの入力が求められるのでそちらも入力し【サインイン】をクリックします。

こちらのホーム画面が立ち上がってくれば、完了です。

今回はPower Automate for desktopのインストール方法について記載しました。

タイトルとURLをコピーしました