学習関連(PA4d・VBA等)

Power Automate for desktop(PA4d) CSVファイルが文字化けする時の対処方法

学習関連(PA4d・VBA等)
スポンサーリンク

はじめに

Power Automate for desktop(以下=PA4d)を使用してCSVデータを保存したとき、文字化けしてしまうことがあります。

今回は文字化け時の対処方法について記載します。

文字化け例

例えばですが、PA4dを使用して気象庁のCSVファイルでデータをそのままダウンロードします。

そしてそのファイルを読み込みしたところ、以下のような画像になります。

文字化けしまくっています。

これを解消していきます。

大事なのは読み取り時のエンコード

文字化け解消のために試して頂きたいことは、読み取り時のエンコード変更です。

【CSVを読み取ります】アクション内のエンコードに着目してください。

最初の文字化け時はエンコードがUTF-8でした。

これを「システムの規定値」に変更します。

すると同じフロー実行後のCSV読み取りは以下の画像のようになります。

きちんと表示ができました。

文字化けの原因は文字コード(コンピューター上の文字に対して割り当てられた数字のこと)です。

この文字コードが違ってくると文字化けを起こします。

ですので、このエンコード部分を下記画像の中から正しく選択してあげる必要があります。

さいごに

エンコードに悩んだときは「システムの規定値」、「UTF-8」を選択してみて一度フローを動かしてみて下さい。

動作完了後、下記図のようにフロー変数のCSVTableのところでデータの確認が行えます。

こちらをダブルクリックし、表示されて変数の値が文字化けしていなければ、OKです。

ぜひ試してみたくださいね。

オススメの学習教材はこちらから

Power Automate for desktop(PA4d)Udemyオススメ講座
Power Automate for desktop(PA4d)をUdemyで学習する際のおすすめ講座紹介です。動画教材が手を動かしながら学習ができて絶対オススメです。Udemyのセールを活用しながらぜひ一緒に学習していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました