学習関連(PA4d・VBA等)

Power Automate for desktop(PA4d)Excel 色で塗りつぶされた行を取得 学習記録5

学習関連(PA4d・VBA等)
スポンサーリンク

はじめに

双極性障害という精神疾患を持つ30代会社員のオカヘイと申します。

機械修理の現場対応で約8年仕事をしてきましたが、最近体調が悪化。現場対応から外れ内勤の事務作業を現在はメインでやっています。

Power Automate for desktop(PA4d)を使用した業務の自動化に興味を持ち、その学習記録を書いています。

今回はExcelでデータ取得時、特定の色で塗りつぶされた行を取得する方法を考えました。

Excel 特定の色で塗りつぶされた行を取得

Power Automate for desktop(PA4d)ではExcelデータを取得する場合、行や列での指定はできますが、特定の色の行を指定することができませんでした。

なので今回はExcel側で一旦欲しいデータを抽出し、別シート(もしくは別のbook)に貼りつける方法を考えました。

この作業をPower Automate for desktopを使って以下の作業で自動で処理させます。

  1. 見出し列にフィルターをかける
  2. フィルターの一つを選択し、色フィルター⇒選択の色でフィルターを選ぶ
  3. 範囲を指定(もしくは全体)をコピーする
  4. 別シート(もしくは別bookを起動させ)に貼りつける

この作業で色付きの行をそのまま崩すことなく選択が可能になりました。

あとは今作ったシートをアクティブなシートとして設定し、データを取得すればOKです。

ボタンの選択等も多かったので、レコーダー機能を使用すると上手くスムーズに作成ができました。

逆に色フィルター選択時に塗りつぶしなしのフィルター抽出も可能なので、そちらにも対応できます。

参考画像も載せておきます。

1.見出し列にフィルターをかける

2.色フィルター⇒選択の色でフィルターを選ぶ

3.全体をコピー

4.別シートに貼りつける

まとめ

Excelの特定の色で塗りつぶられた行を取得するための準備方法についてでした。

この作業もPower Automate for desktopだけでできますので、特定の色の行だけ抽出したいときにぜひ活用下さい。

タイトルとURLをコピーしました